コンテンツ

給湯器が水漏れしたら業者に修理を依頼する

屋内外にある給湯器は、電子機器やガスを利用するため、水漏れの修理をするときには、業者に対応を依頼するのが安全な方法です。長年の利用で経年劣化していたり部品交換ができない場合は給湯器 交換を行うことになります。故障している場合であれば、私たちでも交換をする必要があると判断できますが、水漏れの修理の場合にはどのような対応をすれば良いか悩むものです。

■業者に相談する

長年利用している給湯器は、修理よりも交換する方が良いケースがあります。例えば、部品調達ができなかったり、経年劣化により新しく交換した方が利便性が向上する場合などです。水漏れのトラブルであっても、適切な対応を行うためには、業者に相談することが間違いのない判断だといえます。また、内部が濡れていて多数の部品交換が必要になるときには、修理が嵩んでしまいます。そういった場合は本体を交換をして対応することでより機能性の優れた給湯器を利用できるメリットがあります。数年でも交換の対象となるケースもあります。それは、設置場所や使い方で利用できる年数が変化するからです。そういった判断も私たちでは難しいことが多いです。

■無理なことはしない

給湯器の水漏れは、ガスを利用する事や電子機器が本体に設置されていることで、私たちが勝手に本体の中身を確認することは危険です。取り扱いを間違えることで、電子機器が壊れることやガスに引火してしまうリスクもあります。水漏れだからといって安易に本体の中身を確認することは避けましょう。水漏れの修理のためには業者に依頼することが、安全な方法です。業者に対応してもらう時も手を付けずに周りから状況を確認して伝えることで後は業者が作業してくれます。

■まとめ
給湯器による水漏れのトラブルは、給湯器 交換をしなければいけない場合があります。素人が給湯器本体の中身を勝手に確認することは非常に危険な行動です。水のトラブルが発生したら業者に相談しましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ